表側矯正

表側矯正

ワイヤー矯正(表側矯正)ワイヤー矯正とは、歯の表側にブラケットを取り付け、そこにワイヤーを通して歯に力をかけることで歯並び・噛み合わせを改善する治療法です。金属製のブラケットを使用するため、装置が目立つことがデメリットでした。
しかし近年ではセラミックやプラスチックなど透明や白色の目立ちにくい装置も登場しています。当院では、審美ブラケットやホワイトワイヤーを使用した目立ちにくいワイヤー矯正が可能です。

メリット

  • 長い歴史があり、十分なエビデンスが集まっている
  • 基本的に全ての不正咬合に対応できる

デメリット

  1. 歯の表面に金属の矯正装置を取り付けるため、口を開けたときに目立ちやすい
  2. 矯正装置に食べ物が詰まったり、歯ブラシがすみずみまで届きにくくくなったりするため、むし歯のリスクが高まる
  3. 装着し始めの頃は、食べづらさや話しづらさを感じる

目立ちにくいワイヤー矯正

歯と同系色のブラケットを用いたワイヤー矯正は、口を開けたときに比較的目立ちにくくなっています。また、白いワイヤーを使用すれば、さらに審美性が高まります。
矯正治療中の口元の見た目が気になる方におすすめです。

メリット

  • 幅広い症例に対応できる
    (一部の症例では外科手術が必要)
  • 治療費が裏側矯正よりも安い場合が多い
  • 装置が目立ちにくい

デメリット

  • 装置の異物感がある
  • 慣れるまでは食事や歯磨きに影響が出る

審美ブラケット
&
ホワイトワイヤー

当院では、目立ちにくい審美ブラケットとホワイトワイヤーによるワイヤー矯正をご提案しております。透明や白色の矯正装置は歯の色と同化するため、口を開けた時にも装置が目立ちにくいです。

TOPへ戻る
tel.042-666-0303 初診相談無料WEB予約