部分矯正

短期間で気になる歯だけ
矯正したい方(部分矯正)

短期間で気になる歯だけ矯正したい方(部分矯正)部分矯正とは、気になるところだけ部分的に矯正する方法のことで、プチ矯正とも呼ばれます。例えば、前歯だけを直したい、前歯のすきっ歯が気になるといった場合に選択できる可能性があります。
部分矯正は歯並びの見た目の改善はできますが、咬み合わせに問題がある場合は向いていません。部分矯正可能な歯並びかどうか精密な診断が重要です。

部分矯正で改善できる可能性があるケース

  • 前歯の軽度の出っ歯やすきっ歯
  • 軽度の八重歯
  • 前歯の一部のガタガタ
  • 上顎か下顎のどちらかの歯並びが部分的に乱れている
部分矯正をおすすめする方
  • 前歯だけが気になる
  • 短期間で矯正したい
  • コストを抑えて矯正したい
  • 結婚式や面接などのイベントに間に合わせたい
  • 矯正治療を受けたが後戻りした

部分矯正か全体矯正か?

部分矯正と全体矯正のどちらを選ぶべきかは、歯並びの状態で異なります。前歯の前後のずれ具合、ガタガタの程度、全体に影響しているかどうかなどを確認します。
実際に患者さまの歯並びを確認しなければ判断はできませんので、まずはお気軽にご相談ください。

部分矯正の装置の種類

マウスピース矯正
(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)マウスピース矯正(インビザライン)は、薄い透明の着脱可能なマウスピースを用いて歯並びを整える矯正治療です。1日22時間以上の装着を継続することで、歯が少しずつ動きます。食事と歯磨きの時は取り外せるため、普段どおりに過ごして頂けます。
部分矯正は軽度の歯並びの改善に適用されるため、マウスピース矯正(インビザライン)を選べるケースが多いです。

表側矯正

ワイヤー矯正(表側矯正)歯の表側にブラケットを取り付けて、そこにワイヤーを通すことで歯を動かします。口を開けたときに矯正装置が目立ちますが、透明や白色の装置を選ぶことで目立ちにくくなります。

裏側矯正

ワイヤー矯正(裏側矯正)歯の裏側にブラケットを取り付けて、そこにワイヤーを通して歯を動かします。口を開けたときに矯正装置が目立たないため、矯正装置の見た目が気になる方に向いています。

TOPへ戻る
tel.042-666-0303 初診相談無料WEB予約