一般歯科・むし歯治療|西八王子で歯科をお探しの方は【fデンタルクリニック】まで

  • 西八王子・fデンタルクリニック・電話
  • 西八王子・fデンタルクリニック・メニュー

一般歯科とは

西八王子・fデンタルクリニック

一般歯科とは、小児歯科や矯正歯科、口腔外科など特殊な歯の治療以外の通常の患者さんが通院した際に受ける歯科治療(虫歯や歯周病の治療など)のことです。保険の適用範囲内で治療が行われることが多いため、保険診療を一般歯科と呼ぶ人もいます。

むし歯の進行と治療について

西八王子・fデンタルクリニック

むし歯はできた場所や進行度合い(大きさ)によって、治療方法や治療回数が変わります。

超初期むし歯(C0)

超初期のむし歯は脱灰と再石灰化のバランスが整っていれば、経過観察のもと健康な歯に回復できる段階です。フッ素によるケアも有効です。

初期むし歯(C1)

歯の表面のエナメル質が溶かされた状態です。溶けた箇所は小さく黒ずみますが、歯科医師でないと見つけられないことがほとんどです。

自覚症状

痛みを感じたり、しみることはありません。

治療

穴が開き変色している場合は、エナメル質が溶かされた部分を削り、白い歯科用プラスチックなどで穴を詰めます。穴の大きさが比較的小さく、直接詰め物をすることができる場合は1回で終わります。

象牙質まで進行したむし歯(C2)

エナメル質を溶かして、その下の象牙質までむし歯が進行した状態です。

自覚症状

冷たいものがしみたり、痛みを感じることもあります。むし歯が歯髄(歯の神経)へ進行していくにつれ、温かいものでも痛みを感じるようになっていきます。

治療

むし歯の範囲が大きかったり、歯と歯の間に入り込んでいたりする場合には、歯型を取って修復物(金属やセラミック、樹脂などの詰め物・被せ物)で補います。まずは型を取り、次回、修復物で補う治療をします。

神経まで進行したむし歯(C3)

象牙質を溶かし、歯髄(歯の神経)が炎症を起こしている状態です。

自覚症状

神経が直接刺激されるため、何もしていなくても激しく痛みます。頬がはれてしまうこともあります。

治療

歯を残すことが可能な場合は、抜髄処置のあと、歯の根っこの部分の消毒と薬剤を詰める根管治療を行います。残した歯は被せ物(クラウン)で補います。歯を残すことが難しい場合は、抜歯する場合もあります。

歯根だけ残ったむし歯(C4)

歯肉より上の部分(歯冠部)が溶けてなくなり、歯の根までむし歯が進行した状態です。

自覚症状

炎症で神経は死んでしまい痛みを感じませんが、放置すると歯根の先に膿がたまる場合があります。ここから細菌が血液に乗って全身を巡り、全身疾患を引き起こす可能性もあります。

治療

歯を残すことは難しいので、抜歯を行います。抜いた後は入れ歯や義歯で補います。