ブログ

2024.02.29

ワンタフトブラシ

こんにちは。
西八王子にある歯医者LCKfデンタルクリニックです。
管理栄養士のEです。


皆さんは、『ワンタフトブラシ』という商品は聞いたことありますか?また、使用したことはありますか?
通常の歯ブラシよりもヘッドが小さく、ブラシ部分が中央に集まったペン型になっていて、磨きにくい箇所をピンポイントで磨くことができるブラシとなっています。
歯は形も歯並びも人それぞれのため、歯ブラシだけでは十分な歯磨きができません。 そこで、歯ブラシとワンタフトブラシを併用することでより効果的に歯磨きを行うことができます。


≪ 推奨使用箇所 ≫
①奥歯
ヘッド部分が小さいので、嘔吐反射をおこしにくく奥歯までしっかりと磨ける
②親知らず
生えきっていない段差の部分でもブラシを当てやすく、奥の方でも苦しくなく磨ける
③インプラント
インプラントと歯茎の境目に付着した汚れを細かく落とせる
④歯が重なりあった部分
歯と歯の隙間に毛先が届き、磨き残しを減らせる
⑤矯正装置
装置にフィットするので効率良く汚れを落とせる


≪ 使用方法 ≫
★歯と歯茎の境目をなぞるように! 毛先を歯と歯茎の境目に直角に当て優しく小刻みに動かす
※ えんぴつ持ちすることで手元が安定し、細かく動かしやすい

★歯ブラシ・フロスも一緒に! 歯ブラシ+ワンタフトブラシ+フロス・歯間ブラシを使うことが◎


≪ 交換時期 ≫
普通の歯ブラシと同様、毛先が開いてきたら交換時期です。使用頻度によっても異なりますが大体1か月程度で交換するようにしましょう。
ワンタフトブラシには、毛束の形状や毛の長さ、硬さなど様々な種類があります。
どんな物を使ったらいいかお悩みの方はお気軽に歯科医師、歯科衛生士にご相談ください。
毎日のセルフケアでワンタフトブラシをプラスし効率よく虫歯や歯周病の予防をしていきましょう。