ブログ

2021.03.20

目立ちにくいと評判の矯正治療について

皆さんこんにちは。

fデンタルクリニックです。

大人が受ける矯正治療にはいろいろな種類がありますが、「目立ちにくい」と評判の治療法もあります。

歯並びの乱れは整えたいけれど、「矯正装置が目立つのは嫌」という方にはおすすめの治療法といえます。

今回はそんな周囲に気付かれにくい矯正治療についてわかりやすく解説します。

セラミックブラケット

一般的なワイヤー矯正では、金属製のブラケットを使用します。

歯面の大部分を占めることから、「金属色が気になってしまう」人も少なくありません。

その点、歯の色とほぼ同じセラミックブラケットであれば、矯正中であることに気付かれにくくなります。

セラミックは人工歯にも使われている素材であり、「身体にも安全」です。

金属アレルギーのリスクが低下するというメリットもあります。

ホワイトワイヤー

ワイヤー矯正で目立つパーツといえば、もうひとつ「矯正用ワイヤー」があります。

これも金属色がむき出しとなっているため、口元の審美性を害する大きな原因となります。

そんな矯正用ワイヤーにも目立ちにくいと評判のものがあります。

それは「ホワイトワイヤー」です。

金属であることにかわりはないのですが、「表面が白くコーティング」されているので、矯正装置を装着していることに気付かれにくいです。

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置は、目立ちにくい矯正法の代名詞のようなものです。

皆さんもその評判について一度は耳にしたことがあるかと思います。

「透明な樹脂製のマウスピース」を装着することで歯並びを整えられます。

ワイヤー矯正ほど適応範囲が広くはありませんが、いろいろな歯並びをきれいに整えることが可能です。

まとめ

このように、一言で矯正治療といっても、使用する素材や治療法によっては、周囲に気付かれることなく歯並びをきれいにできます。

ですから、快適に歯並びを整えたい、という方はお気軽に当院までご相談ください。

患者さまに最適といえる矯正法をご提案します。

医院名 fデンタルクリニック
院長 古谷 信一
所在地 〒193-0835 東京都八王子市千人町1-7-6
電話番号 042-666-0303
URL https://www.lck-fdc.com/
業務内容

むし歯/根管治療/歯周病/入れ歯/小児歯科/予防・クリーニング
歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科/審美治療/ホワイトニング
睡眠時無呼吸症候群/スポーツ歯科外来

説明

中央線「西八王子駅」より徒歩6分、土曜も17時まで診療している【fデンタルクリニック】です。
当院は患者さまの人生を豊かにする歯科医院をめざし、ニーズに合わせて幅広い治療からお選びいただき、
食育相談や予防指導などの健康セミナーも行っています。

2021.03.04

歯周病と関連のある全身の病気

皆さんこんにちは。

fデンタルクリニックです。

歯周病は、その名の通り歯周組織に異常が現れる病気ですが、重症化すると「全身の病気のリスク」を上昇させます。

今回はそんな「歯周病と関連のある全身疾患」についてわかりやすく解説します。

重症化すると何が起こる?

歯周病が重症化すると歯周ポケットが深くなり、その中でたくさんの「歯周病菌が繁殖」するようになります。

その一部が「血流に乗って全身を巡る」ことで、さまざまな病気を引き起こすのです。

血管を詰まらせる病気

歯周病菌や炎症性物質などが血流に乗るようになると、血管壁を硬くする動脈硬化が起こります。

さらに、血栓が生じることで、「心筋梗塞や脳梗塞」といった血管を詰まらせる病気を誘発します。

インスリンの効果を減弱

炎症性物質のひとつである「サイトカイン」は、血液中のインスリンの作用を減弱することがわかっています。

インスリンの効果が弱くなるということは、糖尿病の発症リスクを上昇させたり、もうすでに糖尿病にかかっている場合はその症状を悪化させたりします。

後者の場合は、末梢の血流が悪くなっていることから、歯周病のリスクが高くなっています。

つまり、歯周病と糖尿病には「負の相互作用」が認められるのです。

誤嚥性肺炎を誘発する

糖尿病の重症化でもうひとつ気を付けなければならない全身の病気として「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」が挙げられます。

お口の中で繁殖した歯周病菌が食べ物や唾液に付着して誤嚥することで、肺炎を起こしてしまう病気です。

その他、「認知症や早産・低体重児出産」の原因になることもわかっています。

まとめ

このように、歯周病は実にたくさんの全身疾患の誘因ともなるため、重症化させることだけは避けなければなりません。

少しでも歯周病が疑われる症状が認められたら、すぐに当院までご連絡ください。

適切な診断を下したのち、最善といえる治療法をご提案します。

ちなみに、重症化してしまった歯周病の治療も行っております。

医院名 fデンタルクリニック
院長 古谷 信一
所在地 〒193-0835 東京都八王子市千人町1-7-6
電話番号 042-666-0303
URL https://www.lck-fdc.com/
業務内容

むし歯/根管治療/歯周病/入れ歯/小児歯科/予防・クリーニング
歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科/審美治療/ホワイトニング
睡眠時無呼吸症候群/スポーツ歯科外来

説明

中央線「西八王子駅」より徒歩6分、土曜も17時まで診療している【fデンタルクリニック】です。
当院は患者さまの人生を豊かにする歯科医院をめざし、ニーズに合わせて幅広い治療からお選びいただき、
食育相談や予防指導などの健康セミナーも行っています。

2021.02.20

歯周病で破壊された骨を治す「骨再生療法」

皆さんこんにちは。

fデンタルクリニックです。

歯周病が進行して、歯肉炎から歯周炎へと移行すると、顎の骨が破壊されていきます。

歯周病の末期症状として「歯がグラグラする」のはそのためです。

当院では歯周病によって破壊された骨を再生させる「骨再生療法」を行っております。

骨再生療法とは?

骨再生療法とは、「人工骨や自家骨を移植」したり、「特別な薬剤を使用」して骨の再生を促したりする治療法です。

歯周病によって溶かされた骨は、自然に元の状態まで回復することはないので、このような特別な再生療法が必要となります。

どのような処置?

例えば、「エムドゲイン法」と呼ばれる歯周組織再生療法では、顎の骨が吸収した部分に「エムドゲインゲル」という薬剤を填入して歯周組織の再生を図ります。

歯茎を少し切開する必要がありますが、麻酔を作用させることから、施術に痛みは伴いません。

薬剤の填入後は傷口を縫合して、歯周組織が再生するのを待ちます。

そうすることで、「歯を支える歯槽骨が再生」され、歯を抜かずに済むようになります。

その他、リグロスやGBR法など、歯周組織再生療法にはいくつかの種類があります。

歯の残すための治療

歯を失う原因の第一位は「歯周病」です。

それは歯を支える歯槽骨が破壊される病気だからです。

そんな歯槽骨の破壊を止め、再生させることができれば、かけがえのない天然歯を失わずに済みます。

ですから、重度の歯周病にかかっていて、他院では抜歯する他ないと診断された方も、一度当院までご相談ください。

歯周組織再生療法を実施することで、「大切な天然歯を保存」することができるかもしれません。

まとめ

このように、当院では重度の歯周病に適応される歯周組織再生療法を実施しております。

失われた歯槽骨を再生すれば、抜歯を回避できるだけでなく、インプラント治療が可能になることもありますので、骨の異常でお悩みなら、f デンタルクリニックまでご相談ください。

医院名 fデンタルクリニック
院長 古谷 信一
所在地 〒193-0835 東京都八王子市千人町1-7-6
電話番号 042-666-0303
URL https://www.lck-fdc.com/
業務内容

むし歯/根管治療/歯周病/入れ歯/小児歯科/予防・クリーニング
歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科/審美治療/ホワイトニング
睡眠時無呼吸症候群/スポーツ歯科外来

説明

中央線「西八王子駅」より徒歩6分、土曜も17時まで診療している【fデンタルクリニック】です。
当院は患者さまの人生を豊かにする歯科医院をめざし、ニーズに合わせて幅広い治療からお選びいただき、
食育相談や予防指導などの健康セミナーも行っています。

2021.02.04

根管治療の内容とその重要性について

皆さんこんにちは。

fデンタルクリニックです。

根管治療と聞くと、あまり良いイメージが浮かばない人の方が多いかもしれませんね。

一般的なむし歯治療のように、「数回の通院で終わることは稀」であり、せっかく治療したのに「むし歯が再発」することもあります。

けれども、適切な根管治療を受けて、歯を残すことは極めて大きなメリットがあることを知っておいてください。

今回はそんな「根管治療の内容とその重要性」についてわかりやすく解説します。

根管治療とは?

根管治療は、進行したむし歯で歯の神経にまで感染が広がったケースに適応されます。

汚染された歯の神経を抜いたあとに、「根管内をきれいにお掃除する処置」です。

ケースによって異なりますが、数週間はもちろん、場合によっては数ヶ月かかることもある歯科治療です。

根管内は細くて複雑

根管内は、細くて暗く、複雑な構造をしています。

そんな微細な組織をきれいに形成して、消毒や殺菌をしなければならないのですから、「時間がかかるのも仕方がない」といえます。

だからといって、根管治療を雑な処置で無理やり終わらせたり、根管治療をあきらめたりすれば、「大切な歯を失う」こととなります。

歯医者としては、それはできる限り避けたい事態といえます。

歯の根だけでも残す価値はある?

根管治療が必要になる歯は、歯の頭の部分である歯冠がほとんど崩壊していることも珍しくありません。

そんな歯根だけの状態で歯を保存する意味は本当にあるのか、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

けれども、歯というのはどちらかというと歯槽骨に埋まっている「歯根の方が重要」といえるのです。

歯冠はさまざまな材料で補うことができますが、歯根膜が存在している天然の歯根は、「いかなる治療でも代替できない」からです。

それだけに、苦労をしてでも根管治療を成功させる意義は大きいといえます。

まとめ

このように、根管治療はとても難易度の高い処置ですが、歯の保存を可能に有意義な治療でもあります。

当院ではそんな根管治療にマイクロスコープを活用することで、再治療のリスクを最小限に抑えることが可能です。

医院名 fデンタルクリニック
院長 古谷 信一
所在地 〒193-0835 東京都八王子市千人町1-7-6
電話番号 042-666-0303
URL https://www.lck-fdc.com/
業務内容

むし歯/根管治療/歯周病/入れ歯/小児歯科/予防・クリーニング
歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科/審美治療/ホワイトニング
睡眠時無呼吸症候群/スポーツ歯科外来

説明

中央線「西八王子駅」より徒歩6分、土曜も17時まで診療している【fデンタルクリニック】です。
当院は患者さまの人生を豊かにする歯科医院をめざし、ニーズに合わせて幅広い治療からお選びいただき、
食育相談や予防指導などの健康セミナーも行っています。

2020.10.14

歯科医院の予防処置は痛くない?

皆さんこんにちは。

fデンタルクリニックです。

歯医者さんが苦手な人の大半は、「治療に伴う痛みや不快感」が原因かと思います。

そうした思いをしないためにも、予防ケアを徹底することが大切なのですが、歯科医院で受ける予防処置が不快なものだったら、予防歯科に通う気持ちにもならないですよね。

そこで今回は、「予防処置の内容や痛みの有無」などについてわかりやすく解説します。

どんなことをするの?

歯科医院で受ける予防処置としては、歯のクリーニングである「PMTC」や「フッ化物の歯面塗布」、それから正しいケア方法を学ぶ「ブラッシング指導」などが挙げられます。

小さなお子さまに対しては「シーラント」と呼ばれる予防処置を実施することがあります。

いずれも処置に伴う痛みは一切ありませんのでご安心ください。

歯のクリーニングは気持ちが良い

歯のクリーニングは、電動のブラシを使って歯を1本1本ていねいに磨き上げていく処置です。

歯茎も適度にマッサージされることから、施術中に「気持ちが良い」と感じる患者さまがほとんどです。

施術後も「歯面がツルツル」となり、爽快感を味わうことができます。

歯を強くするフッ素塗布

フッ素塗布は、高濃度のフッ素が配合されたジェルを「歯の表面に塗る」処置です。

痛くないのはもちろんのこと、施術に伴う不快感もありません。

施術自体も「5分程度で終わる」ので、小さなお子さまでも気軽に受けることができます。

奥歯の溝を埋めるシーラント

乳歯や奥歯や生えたばかりの大臼歯は、噛む部分の溝が複雑になっています。

そこには食べかすやプラークなどが停滞しやすく、「むし歯のリスクも上昇」しています。

そんな溝をレジンなどのプラスチック材料で埋める処置がシーラントです。

表面が滑沢となり、汚れが堆積しにくくなります。

シーラントもまた「痛くない予防処置」のひとつです。

まとめ

このように、予防のために行う処置やケアは痛くないので、積極的に受けるようにしましょう。

予防ケアを徹底することで、むし歯で痛い思いをすることもなくなりますよ。

医院名 fデンタルクリニック
院長 古谷 信一
所在地 〒193-0835 東京都八王子市千人町1-7-6
電話番号 042-666-0303
URL https://www.lck-fdc.com/
業務内容

むし歯/根管治療/歯周病/入れ歯/小児歯科/予防・クリーニング
歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科/審美治療/ホワイトニング
睡眠時無呼吸症候群/スポーツ歯科外来

説明

中央線「西八王子駅」より徒歩6分、土曜も17時まで診療している【fデンタルクリニック】です。
当院は患者さまの人生を豊かにする歯科医院をめざし、ニーズに合わせて幅広い治療からお選びいただき、
食育相談や予防指導などの健康セミナーも行っています。

2020.10.04

予防習慣は小さい頃に身に付ける

皆さんこんにちは。

fデンタルクリニックです。

むし歯や歯周病の予防は、思い立ったときに始めるのが一番ですが、その時期が早ければ早いほど予防しやすくなるのも事実です。

小さい頃から「適切な予防習慣を身に付ける」と、むし歯や歯周病には縁のない、健康な口腔環境を確立することができます。

今回はそんな「小さい頃から始める予防習慣や食育」についてわかりやすく解説します。

歯科医院に通う習慣

お子さまに身に付けてもらう習慣としては、「歯医者さんへの通院」が第一に挙げられます。

歯医者さんというのは、むし歯や歯周病になったときに通うもの、と考えている方も少なくありませんが、「予防のために通う」とたくさんのメリットが得られるのです。

とくに小さい頃から歯医者さんに通う習慣が身に付けば、将来、むし歯や歯周病に悩まされる機会も大きく減少しますよ。

正しい歯磨きと仕上げ磨き

むし歯予防の基本となるのは歯磨きです。お子さまご自身で行っていただく「ひとり磨き」はもちろん、親御さまによる「仕上げ磨き」も正しい方法で行う必要があります。

そうした正しい歯磨きの習慣というのは、歯医者さんでの「ブラッシング指導」が不可欠です。

自己流の歯磨きを習慣化させてしまうと、いろいろと弊害も大きくなりますので、専門家によるアドバイスを受けることをおすすめします。

歯を健康に育むための食習慣

子どもの歯というのは、まだまだ発育途上にあります。

食事の内容を工夫することで、むし歯菌に負けない強い歯を作ることができます。

また、「食事の摂り方や回数、タイミング」などにも配慮することで、むし歯のリスクを大きく減少させることが可能です。

まとめ

このように、お口の病気を予防する習慣は、小さい頃に身に付けた方がたくさんのメリットを得ることができます。

赤ちゃんのうちから歯医者さんに通い始めても決して早いということはありませんので、お子さまに正しい予防習慣を身に付けさせたいという方は、お気軽に当院までご連絡ください。

当院で歯医者さんデビューしてみませんか?

医院名 fデンタルクリニック
院長 古谷 信一
所在地 〒193-0835 東京都八王子市千人町1-7-6
電話番号 042-666-0303
URL https://www.lck-fdc.com/
業務内容

むし歯/根管治療/歯周病/入れ歯/小児歯科/予防・クリーニング
歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科/審美治療/ホワイトニング
睡眠時無呼吸症候群/スポーツ歯科外来

説明

中央線「西八王子駅」より徒歩6分、土曜も17時まで診療している【fデンタルクリニック】です。
当院は患者さまの人生を豊かにする歯科医院をめざし、ニーズに合わせて幅広い治療からお選びいただき、
食育相談や予防指導などの健康セミナーも行っています。

2020.09.24

マイクロスコープを使った精密な根管治療

皆さんこんにちは。

fデンタルクリニックです。

歯の根の治療である「根管治療」は、難易度の高い処置であり、再治療が必要になることも珍しくありません。

一般の歯科医院での再発率は50%にも達するといわれています。

その点、当院では「マイクロスコープを活用した精密根管治療」が可能なので、再治療が必要になる確率も極めて低くなっています。

マイクロスコープとは?

マイクロスコープとは、歯科用顕微鏡とも呼ばれる装置で、「肉眼の20倍程度まで視野を拡大」することができます。

根管はとても狭く、細く、複雑な構造を呈していることから、従来の治療法では盲目的になりがちでした。

つまり、歯科医師の勘や経験に頼らざるを得ない部分が大きかったのです。

そこで根管内も肉眼である程度確認できるよになるマイクロスコープを活用することで、「再治療のリスクの少ない精密な根管治療」を行うことが可能となります。

国内では導入率の低い装置

マイクロスコープというのは、とても「高価な装置」であり、それを正しく取り扱うためには、「豊富な知識と経験」が不可欠です。

そのため、国内の歯科医院における導入率は極めて低くなっています。

当院ではれば、「マイクロスコープによる根管治療の実績も豊富」ですので、安心して治療を任せることができますよ。

歯を残すための治療

当院では、根管治療の精度を上げるために、最大限の努力を行っておりますが、それは「歯を残せるかどうかを決める重要な治療」だからです。

根管治療が失敗すれば、「かけがえのない天然歯を失う」ことになります。

それは患者さまにとって極めて大きな損失となります。

それだけに、安全かつ確実な根管治療を実施する必要があるのです。

まとめ

このように、マイクロスコープを活用した精密根管治療であれば、再治療のリスクが減り、歯を残せる可能性が高まります。

他院では抜歯する他ないと診断された場合でも、fデンタルクリニックなら対応できるかもしれませんので、まずはお気軽にご相談ください。

医院名 fデンタルクリニック
院長 古谷 信一
所在地 〒193-0835 東京都八王子市千人町1-7-6
電話番号 042-666-0303
URL https://www.lck-fdc.com/
業務内容

むし歯/根管治療/歯周病/入れ歯/小児歯科/予防・クリーニング
歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科/審美治療/ホワイトニング
睡眠時無呼吸症候群/スポーツ歯科外来

説明

中央線「西八王子駅」より徒歩6分、土曜も17時まで診療している【fデンタルクリニック】です。
当院は患者さまの人生を豊かにする歯科医院をめざし、ニーズに合わせて幅広い治療からお選びいただき、
食育相談や予防指導などの健康セミナーも行っています。

2020.09.14

スポーツ用マウスガードを着用するメリット

皆さんこんにちは。

fデンタルクリニックです。

当院では、「スポーツ歯科外来」を設置しております。スポーツの安全性を高めるために、さまざまな支援を行っております。

その中のひとつの取り組みが「スポーツ用マウスガード」の製作です。

スポーツ用マウスガードとは?

スポーツ用マウスガードとは、スポーツをする際に装着するマウスピースで、最もイメージしやすいのはボクシングやキックボクシングですね。

いわゆる「コンタクトスポーツ」では、顔面に強い衝撃が加わった際、歯が折れたり、口腔粘膜が損傷したりする恐れがあります。

そういったトラブルを未然に防ぐのがスポーツ用マウスガードの役割です。

どのようなスポーツに有効?

スポーツ用マウスガードの「装着が義務化」されているスポーツは、高校ラグビーやアメリカンフットボール、ボクシングなどです。

いずれのスポーツも常に口腔周囲への外傷リスクが存在していることから、マウスガードを必ず装着しなければなりません。

一方、マウスガードの「装着が推奨」されているのは、野球やサッカー、バレーボールなどです。

パフォーマンスも向上する

スポーツ用マウスガードを装着すると、口腔周囲の外傷を防止できるだけではなく、パフォーマンスの向上にもつなげることができます。

これはマウスガードを装着することで、「かみ合わせのバランスが整う」からです。

その結果、ここぞという時の集中力が増したり、踏ん張りが効くようになったりします。

これらはスポーツマンにとってとても大きなメリットといえます。

まとめ

このように、fデンタルクリニックでは、長年ラグビーをやってきた院長の経験もあり、スポーツ歯科外来という特殊な診療科が設置されております。

スポーツの安全性を高めたい、パフォーマンスを向上させたいという方は、お気軽に当院までご相談ください。

歯科医師とスポーツマンの立場から、患者さまを全力でサポートいたします。

スポーツ用マウスガードについてもさらに詳しくご説明します。

医院名 fデンタルクリニック
院長 古谷 信一
所在地 〒193-0835 東京都八王子市千人町1-7-6
電話番号 042-666-0303
URL https://www.lck-fdc.com/
業務内容

むし歯/根管治療/歯周病/入れ歯/小児歯科/予防・クリーニング
歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科/審美治療/ホワイトニング
睡眠時無呼吸症候群/スポーツ歯科外来

説明

中央線「西八王子駅」より徒歩6分、土曜も17時まで診療している【fデンタルクリニック】です。
当院は患者さまの人生を豊かにする歯科医院をめざし、ニーズに合わせて幅広い治療からお選びいただき、
食育相談や予防指導などの健康セミナーも行っています。

2020.09.04

「外来環」をご存知ですか?

皆さんこんにちは。

fデンタルクリニックです。

皆さんは「外来環」という言葉をご存知でしょうか?

歯科に関する用語の中でもかなり専門性が高いものなので、おそらく知らない方の方が多いことかと思います。

けれども、患者さまが「安全な治療を受ける上で非常に重要となる指標」なので、大まかにでも知っておいた方が良いといえます。

今回はそんな「外来環」についてわかりやすく解説します。

外来環とは?

外来環とは、「歯科外来診療環境体制加算」の略称で、かんたんにいうと安全な診療環境が整っているかを意味するものです。

厚生労働省が設定している基準を満たした歯科医院のみ加算が許されています。

適切な人員が配置されている

外来環では、まず適切な人員が歯科医院に配置されていることが条件として挙げられています。

歯科医師は、厚生労働省が指定した「研修を修了」している必要があります。

また、歯科医師の診療を補助する歯科衛生士が勤務している必要もあります。

緊急事態に対応できる

歯科治療では、さまざまトラブルが起こり得ます。

とくに患者さまの命に関わるような緊急事態には、迅速に対応しなければなりません。

そこで外来環では、「AED、パルスオキシメーター、血圧計、救急蘇生セット」などの救命救急用具の常備を課しています。

院内感染対策の徹底

院内感染対策も徹底している必要があります。

器具の滅菌」や「口腔外バキューム」の活用などによって、院内感染のリスクを限りなくゼロに近づけています。

こうした取り組みは、新型コロナウイルスへの対策とも直結します。

まとめ

このように、当院のような「外来環」を届け出ている歯科医院は、医療事故や院内感染が起こるリスクは極めて少ないです。

仮に何かが起こったとしても、迅速に対応できますので、安心して歯科治療を受けられますよ。

外来環の基準を満たしている歯科医院は、全国的にも一部に限られることから、信頼できる歯医者さんのわかりやすい目安となっています。

医院名 fデンタルクリニック
院長 古谷 信一
所在地 〒193-0835 東京都八王子市千人町1-7-6
電話番号 042-666-0303
URL https://www.lck-fdc.com/
業務内容

むし歯/根管治療/歯周病/入れ歯/小児歯科/予防・クリーニング
歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科/審美治療/ホワイトニング
睡眠時無呼吸症候群/スポーツ歯科外来

説明

中央線「西八王子駅」より徒歩6分、土曜も17時まで診療している【fデンタルクリニック】です。
当院は患者さまの人生を豊かにする歯科医院をめざし、ニーズに合わせて幅広い治療からお選びいただき、
食育相談や予防指導などの健康セミナーも行っています。

2020.08.24

当院の感染症対策について

皆さんこんにちは。

fデンタルクリニックです。

新型コロナウイルスが広がる中、「感染症について考える機会」も増えていることかと思います。

緊急事態宣言が解除されたあとも、できるだけ感染しないよう「不要不急の外出を控えている」方も多いです。

そこで気になるのが歯科医院における感染リスクですよね。

歯科医院は感染リスクが低い施設?

歯医者さんは、むし歯や歯周病といったお口の病気を治すところなので、どこよりも感染症のリスクが高そうなものですよね。

けれども、実際はそうではありません。

毎日更新される新型コロナウイルス関連のニュースでも「歯科医院で集団感染が起こった」という話はほとんど耳にしません。

これは歯科医院が新型コロナウイルス流行以前より「感染症対策を徹底」しているからです。

クラスB滅菌器による治療器具の滅菌

当院では、治療に使用した器具を世界基準である「クラスB滅菌器」を用いて滅菌しています。

この滅菌器を使えば、器具に付着したあらゆるウイルスや細菌、真菌などを死滅させることが可能です。

そのため、患者様ごとに「無菌状態」で使用することが可能となるのです。

口腔外バキュームの活用

歯を切削する際には、患者さまの唾液や血液、歯の切削片などが周囲に飛散します。

これらも立派な感染源となることから、可能な限り吸引する必要があります。

そこで当院では、「口腔外バキューム」を導入しております。

治療中、周囲に飛び散った粉塵を「瞬時に吸引」できることから、院内感染のリスクが大幅に減少します。

新型コロナウイルスへの対策

当院では、従来の感染症対策に加え、新型コロナウイルスへの対策も講じております。

医療スタッフの感染対策の徹底、ドアノブや取っ手の消毒、除菌、定期的な院内の換気などを実施しております。

まとめ

このように、fデンタルクリニックの感染症への対策は万全を期しておりますので、患者さまも安心して治療に専念できることかと思います。

お口のことでお困りの際は、お気軽に当院までご相談ください。

医院名 fデンタルクリニック
院長 古谷 信一
所在地 〒193-0835 東京都八王子市千人町1-7-6
電話番号 042-666-0303
URL https://www.lck-fdc.com/
業務内容

むし歯/根管治療/歯周病/入れ歯/小児歯科/予防・クリーニング
歯科口腔外科/インプラント/矯正歯科/審美治療/ホワイトニング
睡眠時無呼吸症候群/スポーツ歯科外来

説明

中央線「西八王子駅」より徒歩6分、土曜も17時まで診療している【fデンタルクリニック】です。
当院は患者さまの人生を豊かにする歯科医院をめざし、ニーズに合わせて幅広い治療からお選びいただき、
食育相談や予防指導などの健康セミナーも行っています。