ブログ

2023.11.29

冬の隠れ脱水に注意

こんにちは。西八王子の歯医者、LCK fデンタルクリニックです。
管理栄養士のNです。

冬は乾燥がひどく、仕事中に目が乾いて痛かったり、乾燥してのどが痛いという方も多いかもしれません。
脱水といえば夏をイメージするかもしれませんが、実は冬も脱水を起こす可能性があるのです。
秋から冬にかけての脱水は乾燥が大きく関わっています。
目に見える汗は流れていなくても、乾燥により皮膚からの水分の蒸発が進み、気付かないうちに脱水症状が進んでいることが多いです。

また、水分補給の他にも食事から得られる水分も多いため、若い世代では食事を抜いたり不規則な食事から水分不足になることも多いことから、食事をきちんととるほか、起きたらコップ1杯の水を飲むなど、こまめな水分摂取を心がけましょう。
仕事中によく頭痛がするという方や腹部に不快感を感じるという方は、もしかしたら水分が不足しているかもしれません。

高齢者の場合は日中暖房の効いた部屋にいる時間が長かったり、喉の渇きを感じにくいため、喉が渇いていなくてもこまめに水分をとることが大事です。

水分補給と同時に乾燥を防ぐことも大きなポイントになってくるため、定期的に換気や加湿器の使用・タオルを室内干ししたりなど、部屋の乾燥対策も積極的に行いましょう。

寒いから、汗をかいていないから大丈夫、と冬は水分補給を怠りがちですが、乾燥や脱水に気をつけて、風邪やウイルスに負けない身体づくりをしましょう。