ブログ

2024.03.19

抹茶

こんにちは。
西八王子にある歯医者LCKfデンタルクリニックです🦷
管理栄養士のYです🐿

本日は抹茶についてお話しさせていただきます🍵
抹茶の歴史は古く、約800年前の鎌倉初期、臨済宗の開祖、栄西禅師が中国の宋から茶の種子を持ち帰ったことが現在の喫茶文化に繋がる源だと伝えられています。 緑茶の製造工程では、茶葉を蒸したあと、水分を飛ばしたり均一にしたりするため、機械で茶葉を揉む工程(揉捻)がありますが、抹茶は、茶葉を蒸して乾燥させた後、揉捻せずに、そのまま石臼で粉末状に挽きます。
抹茶は緑茶のなかでも、カテキン含有量が突出して、抹茶の薄茶一杯(約60ml)に使われる茶葉は2gですが、含まれるカテキンの量は約200mgにも及ぶそうです。一方で、煎茶の抽出液100mlのカテキン含有量は16.3mg、番茶だと4.6mgなので、抹茶の含有量がいかに多いかがみてとれますね。 (山年園さんサイト参照) 抹茶は他の緑茶と違い、抽出液ではなく粉末にした茶葉をそのまま体に取り入れるため、栄養素を水不溶成分も摂取できることが魅力です。チアシード、キヌアなどと並ぶ「スーパーフード」として海外においても注目されています。
抹茶にはカテキンやビタミンC、食物繊維、β-カロテンなど様々含まれています。 特にカテキンには血中コレステロールや血圧、血糖上昇を抑制してくれたり、体脂肪蓄積抑制などとても良い効果が期待されていますのでぜひたまには抹茶も飲んでみてはいかがでしょうか✨