ブログ

2024.01.09

旬野菜には意味がある!?

こんにちは。
西八王子にある歯医者、LCKfデンタルクリニックです。

管理栄養士のMです。

冬の旬の野菜には栄養価が高く、体を温める効果や免疫力を高める栄養素が豊富に含まれています。
正月の食べ疲れには・・・
〇キャベツ: ビタミンCやK、食物繊維を含み、消化を助け、血管の健康をサポート

〇大根: ビタミンC、食物繊維、消化酵素、特にアミラーゼには、消化を促進する作用があります。
二日酔いなどの、胸焼けや胃もたれを防止する効果があります。
大根の辛み成分となっているのが、イソチオシアネート。抗菌作用や血液をさらさらにして血栓を予防する効果も期待できます。

〇かぶ: ビタミンCや食物繊維が多く含まれ、風邪の予防や消化器官の健康を促進します。

〇ブロッコリー: ビタミンC、K、食物繊維、抗酸化物質を含んでおり、免疫力を高め、細胞を保護する働きがあります。

これら冬の旬の野菜は、ビタミンやミネラル、抗酸化物質が豊富で、免疫力を高め、体を温める効果も期待できます。 普段の食事に取り入れて、バランスの取れた栄養を摂ることが大切です。 LCKLaboでは、糖化度検査ができます。体の中の錆具合がわかります。ぜひ、遊びに来てください!