ブログ

2023.12.26

歯ぎしり

こんにちは。 西八王子にある歯医者LCKfデンタルクリニックです。
管理栄養士のEです。

今回は歯ぎしりについてです。
就寝時、無意識に歯を擦り合わせたり、噛み合わせたりした際にギリギリと音を立てることを歯ぎしりといいます。
原因は主にストレス、アルコールの過剰摂取、歯並び、噛み合わせの悪さなどといわれています。
歯ぎしりは、人の全体重ほどの力が歯にかかり続けているので、様々な悪影響を及ぼします。

悪影響
① 歯周病が進行
② 歯が欠けたり、割れて歯を失う
③ 歯がすり減り見た目が悪くなる
④ 知覚過敏を引き起こす
⑤ 顎の痛み・疲労の原因となる
⑥ 肩こりや頭痛などの全身の健康被害                                    

改善策の1つとして、マウスピース(ナイトガード)が挙げられます。
就寝時に装着し無意識のうちにしてしまう歯ぎしりによる歯、顎、筋肉の負担を軽減する効果があります。
マウスピースは歯の形にピッタリと合っていないと、噛み合わせや歯並びが悪くなり痛みの原因になることもあります。

市販品ではなく歯科医院で歯型を取り自分専用のマウスピースを作成しましょう。

気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください!