ブログ

2023.11.24

良い尿の日

こんにちは。
LCKfデンタルクリニックです。
管理栄養士のMです。

11月以降寒くなり尿トラブルが増えることから記念日に制定されたそうです。 全身を巡って老廃物を集めた血液は、腎臓に流れ込み、ろ過される。 ろ過によって、血液中の老廃物や余分な水分は取り除かれ、きれいな血液となって再び体内を循環する一方、老廃物や余分な水分は尿となる。 尿のトラブルとして、よく聞くのは頻尿 気温が低かったり、空気が冷え込んだりする日はトイレが近くなると感じる理由
①暑いときに比べると、汗や水蒸気となって体から出て行く水分が減り、体の水分が多くなりすぎるから。
②手足など体の末端の血管が縮むので、体の中心の血液量が増えて、それを減らそうとするから。
③寒さが刺激となって、おしっこを出そうとする交感神経の働きが強くなるから

皆さんも注意してみてくださいね!